振動人生記録 by gifdog97

情報学,音楽,秘境,旅

apple musicでアウトクトナが聴ける

先日apple musicに登録してみた。学生は月480円だし、3ヶ月間無料だし、登録して損は無いと思ったのだ。

結果的に大当たりで、オーディオファイルだから読み込みも速いし、曲数も豊富だ。驚いたのは自分がやっている南米の民族音楽(フォルクローレ)の楽曲もしっかり聴けること。ダウンロードもできるので練習のときに大助かりだ。(もちろんクラシックも聴けて、オーケストラサークルの方でやる曲もダウンロードできた。)

ただ、何らかの圧力が働いているのか、筋肉少女帯king crimsonといった超大御所の曲がほぼ聴けないという謎事案が発生していた。このあたりはappleさん頑張ってくれという感じ。

 

もっとも驚いたのは、南米の原住民の音楽「アウトクトナ」もばっちり聴けたことだ。これはフォルクローレの一種と言えるかもしれないが、自分たちがやっている「コンフント」と呼ばれる形式の音楽とはまた別物と捉えた方が良い。

(アウトクトナについては過去のエントリでも詳しく書いたし詳しい説明はこっちに丸投げします。)

gifdog97.hatenablog.com

 

うちのサークル、アウトクトナもやらないことはないんだけど、儀式的な要素が強くて元々ステージ上で人に聴かせる音楽というわけではないし、たぶん客受けがそんなに良くない。「これぞ民族音楽!」という感じの音楽なので客受けが無いというわけではないが、こういうのは一回聴いて「へーこういうのもあるんだ」となって終わるのが常である。やはりスペイン人の入植後に発達した「コンフント」の方が、欧州文化を根に持つこともあって客受けが良い、というのが自分の見解である。

 

という感じでただ思ったことをつらつら述べただけの記事でした。とりあえず「コンフント」と「アウトクトナ」とを一曲ずつ紹介して終わりにする。まあめんどくさいのでリンク貼るだけなんだけどね。

 

・「コンフント」形式。弦楽器が豊富に使われており、欧州文化を色濃く反映している。世界的にはこの形式が有名。

Jach'a Mallku - Quisiera Quererte Más


JACHA MALLKU - QUISIERA QUERERTE MAS

 

 

・「アウトクトナ」。原住民の音楽。土臭く、まさに民族という感じの響き。これがapple musicにあるのが面白い。


WARA - Mi Balsita (MAYA-1975)

 

 

兄とともに姉の家に来た & 旅の話

昨日書いた通り今日は旅行の予定が壊れたので兄とともに姉の家に来た。

姉は10個上で、既婚で1歳の娘がいる。自分にとっては姪で、とにかくかわいい。定期的に会いに行ってかわいい成分を摂取しないとやっていけないのである。


前回は全然懐いてくれなかったのだが、今回はなぜかすごく懐いてくれた。

最初は警戒気味だったけど、遊んでるうちに凄い笑ってくれるようになったし、幸せここに極まれりという感じだった。名前も覚えてもらえた(っぽい)。

それにしてもやんちゃな女の子で、物を要求されて渡すやいなやめっちゃ投げたり突き落としたりして大変だった。まあそれもかわいいので無敵である。


ひとしきり遊んで、姪も眠って落ち着いたところで、自分は兄と同じ部屋で寝ることになった。

実家にいた頃も毎日同じ部屋で寝ていて、ひたすらトークに興じるのが常だった。今日もまた久々のトークが始まった。

基本的に男同士ならではのクソくだらない話をするのだが、今回はもう少し実のある話もあった。


初めは生活リズムがぶっ壊れててしんどい話をした。生活リズムが壊れてるせいで明らかに馬鹿になってるとか、治さないとマジで馬鹿になる一方だみたいな話を聞いて、宇宙一共感していた。

会話が進むにつれ、兄は先月学会で海外に行っていたのだが、そこで友達とヨーロッパ旅行に行ったという話になった。ヨーロッパ旅行のときはめっちゃ動き回ってたのに朝きちんと起きてたなーという話の流れだった。(動き回って健全に生活した方が案外生活リズムも整うということなのだろう、と応答すると共感を得られた。うちの兄弟は考え方が結構似ていて、それだけ仲も良いっぽい。)

それから海外旅行の話になって、なにやら海外旅行を激しく推された。友達と海外旅行に行くのはマジで楽しいとひたすら言っていた。兄はそういうキャラではない(?)と思っていたのでかなり意外だった。


兄は結構興奮気味で、旅行中に撮った写真を見せてきた。実際見てみると、なるほどたしかにこれは日本にこもっていたのでは見られない景色だと思った。例えばヨーロッパ特有の伝統的な家。その一つ一つが低いので遠くまで美しい光景が広がる。他にも、ベラルーシ世界遺産や、ワルシャワの馬車が走る街道や、ウィーンの図書館の美しい内装や、巨大で精巧なステンドグラスの写真を見せてくれた。テレビなんかではなんとなく見たことがあった気がするが、自分の身内が実際に体験した話を聞くと、際立って生々しく、楽しそうに感じた。とにかく日本とは違う雰囲気、まさに旅行しているような気分に浸れるのが良いと強調していた。


自分も旅行はそこそこ好きだが、海外に行こうという気分にはなっていなかった。国内の秘境とか、あまり誰も行かなさそうな場所に行くのが好きなタイプで、海外旅行となるとザ・観光地的なところしか思いつかなかったのでどうも興味が湧かなかった。もちろん言語の壁もあっただろう。しかし、実際はその異国の雰囲気そのものが面白いのであって、それは国内のどんな秘境でも味わえないものなのだと、話を聞いているうちに気づいた。


それにしても兄がそんなアクティブな趣味を持っているとは思わなかった。自分は日頃楽器を練習して充実感を得ていたけど、兄は旅行を経て自分と同じかそれ以上の充実感を得ていると感じた。話を聞いていると自分も海外旅行に行ってみたくなった。かくして、ものの30分程度の会話を経て、今後の旅行先の候補として海外が視野に入ってきたわけである。

人と腹を割って話したのも久々だったが、他人との会話は自分の世界を広げてくれると改めて感じた時間だった。

台風許さん

昨日あたりから日常をつらつら書くタイプのブログをやり始めている。(たぶん飽きてすぐやらなくなるけど)

日常系のことを書くとなるとなぜかですます調じゃなくなることに気が付いた。いきなりブログの文体が変わって謎だけど中の人は変わってないので安心してほしい。

 

今日は妙に疲れたので(まあ睡眠足りなかっただけだけど)、帰宅してから一瞬で寝落ちしてしまった。それから目が覚めてグダグダした今に至るという感じ。

本当であれば明日から旅行の予定で、準備に追われていたはずなのだが、台風で中止にせざるを得なかった。許さん

 

旅行は静岡に行く予定だった。兄と二人で大井川鐡道を巡る予定だった。

大井川鐡道は静岡の山奥を走る電車で、アプト式と呼ばれる登山列車やSLが走っていることで有名。

尾盛や奥大井湖上といった秘境駅も見どころだし、温泉地も点在している。

さらに今回は山奥のキャンプ場を予約していて、先日購入したテントやシュラフの初舞台となるはずだった。BBQでもしながら星空を見るはずだった。

 

しかし運命とは残酷なもので、台風がちょうどこの時期にぶち当たってきた。しかも、ネットで検索すると†今年最強クラスの台風†だそうだ。これではキャンプなどできないし星も見えないだろうしそもそも電車が動くかよく分からない。やむなく旅行をキャンセルした。辛い

おかげで明日(というか今日)から2日間ぽっかりと予定が空いてしまったのだが、考えてもみればここ最近はずっと毎日何かしらあって疲れていたので、せっかくだし明日はぼーっとしようかなと思う。夜は姉の家に行って姪を崇める予定。

 

気づいたらドラえもんの誕生日だし、夏休みが過ぎるのは本当に早い。旅行がまるまる一個消えて悲しみに暮れているけど、焦ってもしかたないしぼちぼち過ごそうかなあという気分になっている。

昔から劇とかで役を演じるのが好きだった。

小中学校時代は、なんかのイベントで学年なりクラスなりで劇をやらされたものだった。
中共に公立だったし不真面目な人も沢山いたけど、劇は案外みんなやる気があったような気がする。

あれは確か中3のときにやった劇だった。自分は毎度のごとく熱演をし、先生にも褒められていたし友達にもウケていた。
ぶっちゃけ調子に乗っていた。

この劇のワンシーンで、自分が縁日の屋台でわたあめを売るシーンがあった。
もちろん本物のわたあめではなく割り箸にわたを巻きつけたものを使う。
練習のときはただひたすらわたあめを売るおっさんをやっていたのだが、調子をこいていた自分は本番で奇行に走ってしまった。
作り物のわたあめをステージ上で食べたのである。

そもそもわたあめ売ってるおっさんがわたあめを食べること自体がおかしいし、本物のわただから食べられない。完全にやらかしである。そんな菓子はいらない。
おまけにこのあと一つセリフが残っていた。自分は口に残ったわたを気にしながら大きな声を出す羽目になってしまった。

あのときなぜあんな行動をとったのか分からない。
しかし、こんな出来事を急に思い出すことも不思議な話である。

少し暑いステージ上。口の中でもしゃもしゃと動くわたの感覚と、一緒に演技していた人の「お前なにしとるん??」みたいなきょとん顔が今も鮮明に思い出される。

夏休みがきた

こんばんは.

 

タイトルの通り,僕の中でようやく夏休みが到来です.

思えば長い3年Sセメスターだった…渦中にいた頃はもう夏休みなんてあり得ないんじゃないかというくらい絶望していたので嬉しいですね.

まあ夏休みが来たところでやるべきことはまあまああるわけですが.「面倒だけどやらないとダメ」的なことが無くなったという感じ.

 

とりあえず3Sの単位は全て取得できました.なんか可が2つくらい付いてしまっていてげんなりしましたが,不可が無かっただけ儲け物だと考えたいです.

3Sの期間は真面目に勉強するぞ!とか言ってた気がするのですが,それも割と最初だけで,5月くらいからはバイトとサークルが普通に忙しくなって勉強をサボり倒し,ちょっと暇が出来ても惰性でサボり倒し,7月は溜まった課題・演習・テスト対策で圧死していました.

7月とて惰性でサボり倒していたので,なぜフル単できたのかよく分かりませんが,一番の要因は優秀な同期たちがいろいろ助けてくれたことだったと思います.感謝.

 

それにしてもテスト期間はかなり絶望していました.誇張抜きでほぼ毎日「マジで単位が落ちる^~」と思ってたのですが,原因はやはりセメスター通して全然勉強していなかったことだと思います.

これは本当に良くなくて,テストは乗り切っても結局何も身に付いていない気がします.

興味があまり沸かず勉強をサボるわけなんですが,勉強してないので興味が沸くはずも無く完全に悪循環でした.いざテスト期間に勉強してみると結構面白かったりしてめっちゃ後悔しました(まあいつものことなんだけど).

さすがにAセメスターはもうちょっと意欲的に取り組んでみたいです.

 

で,根本的にどうしてそんなに勉強できていなかったのか考えてみると,やはり睡眠のせいです.

1日15時間とかザラに睡眠してしまって,丸一日何もしないみたいな日が結構ありました.

勉強をする時間が消えることはもちろん,精神も死ぬので本当に良いことがありません.6月7月はずっと寝ていて精神が死んでいた気がします.

このクソ睡眠が実は大学2年あたりから癖になっていて,慢性的に頭がまともに働いていない感じがしています.さすがになんとかする必要があるので,この夏休みは「生活習慣を整える」ことを目標にしたいです.次元が低すぎて面白いですね.

(自分の中で「欲望に忠実に生きるのが美徳」みたいな考えがあったんですけど,これはおそらく怠けを正当化しに行っているだけっぽいのでさっさと矯正したいです.とか言ってこんな時間まで起きているわけですが)

 

あと,テストと課題が終わったあともバイトがめっちゃ忙しかったり,合宿が立て続けにあったり,サークルの方で某企画の締め切りがあったりしてしばらくはウカウカできませんでした.

これらがある程度落ち着いたのが昨日で,今日は結構時間があったのでいろいろやりたいことがあったのですが,5時間昼寝して全ておじゃんになりました.人生うまくいかないなあ.

多分今すぐ寝れば明日とかはまともに生活できる気がするので,明日から「生活習慣を整える」という目標の達成に向け尽力していきたいと思います.あとは基本的に楽器の練習をして合間に勉強も出来たら良いなあ.

旅行も少し行く予定があるので,その都度報告予定です.

 

それでは.

 

 

東大男子のシャワーについて

 

※今回の記事は完全に僕の尺度でしか見てない自己中な内容です。そのことは自分でも理解した上であえて書いています。

 

 

 

もう、ほんとにね

東大男子のシャワーが長すぎる!!!

 

 

 

なんなんですかね、彼らは。

そんなに長時間シャワーを浴びてどうするんでしょうか。

 

 

いや、まあシャワーを浴びるときって、シャンプーにせよ体洗うにせよ、自分なりの習慣みたいのはあると思うんです。

別に僕はその習慣を忌み嫌ってるわけではないんです。

 

 

僕の住んでるとこは風呂が共用で、シャワーは4つしかありません。

時間帯にも寄りますが、待つことになる場合もそこそこよくあるわけです。

 

 

今日もそんな日でした。たまたま結構混んでて、3人待ちと。その中の一人が僕だったわけですよ

 

 

僕は風呂上りにさっと汗を流すためにシャワー待ちしてたんですが、うちの風呂結構熱めなんですよね

これはぼくだけの意見ではなくて、入る人みんな言うわけです。みんな「あっち~~~」とか「ンッッフゥ…」とかそれなりのリアクションをして入るんです。

だからね、だいぶ体が火照っていて。さっさとシャワー浴びて脱衣所行きたかったんです。

 

さっさと行きたかったんです。4人がシャワー浴び終わるのを、火照った体で待っていたわけです。…

 

 

 

……

 

 

 

………

 

 

 

 

おっっっっっっっっそ!!!!!!!!

 

 

いやいや君らなにしてるん???なんでそんなゆっくり体洗ってるん?????

3人待ってるのが見えないのか???????

 

 

女子か?女子なら許すよ。しかしここは残念ながら男子風呂。みんなしっかり股間にぶらさげてるわけ。僕は怒り狂ってたのでしっかり目に焼き付けましたよ、証拠(ブツ)を。

ほんとに、女子か???って。女性ホルモン豊富か?青白もやしっ子が。もやしはもやしらしく水洗いでオーキードーキーだろうが。

 

 

つーか俺が風呂入ってたの知ってるよな???

同じ風呂入ってんだからこの体の火照り具合君らも分かってるよな??

さっさと出たいんだけども????

急ごうという気持ちはないのか???遅漏とかなのか??早漏よりタチが悪いってよく聞くぞ。本当にタチが悪い。

 

 

 

ていうか

 

前言撤回します。

 

僕は彼らの習慣、体の洗い方とかも忌み嫌っています。

 

 

あのね

男の体洗いっていうのはさ

基本的にはシャンプーして、ボディーソープで体洗ってやれば終了なわけですよ。

 

百歩譲って、リンスとか洗顔剤とか使うのも許しますよ。

だけどその使い方が丁寧すぎるんだよ!

 

 

液体なんてビュッて出してシュッってやってバーンだろうが。

泡立てんのに馬鹿みたいに時間かけんなよ。もうとっくに泡立ってるよ。

泡が食料とかなのか??燃費良すぎかよ。まあ青白もやしっ子は動かないもんな。

 

 

洗顔剤で顔洗うときもムカついたね。

こう、泡を手にとって、目とか口とかのまわりをなぞるようにして洗うわけ。

意地でも目とか口には入れまいとするわけ。

ちゃんと閉じてりゃ入んねーよ!!目や口を閉じる筋肉すら衰退したのか??ていうか泡は食料ってわけじゃねーのかよ。意味分かんねえ。

 

 

しまいには体流すときも馬鹿みたいに丁寧。

なんかシャワーを流したまま微動だにしないんですよね。あんなんゾッとするわ。マジでどうしたかと思った。

体流してるってことはそろそろ終わりだ!上がれる!!と思わせてからのこれですからね。性根が腐っています。

 

 

ほんとにね、超かっこいいタレントさんとかが体のケアに気を遣うんなら分かりますよ。

東大男子とかいうキモオタ集団がそんなに丁寧にシャワー浴びる意味が全然分からないですよ。そんな体ケアしたところで君らはモテねーぞ??もっと他人に対するケアを大事にして欲しいですよ、ほんとに。

 

 

 

 

これ実は今日に始まったことじゃなくて、今までも何回もあったんです。

大学にトレーニングジムがあるんですけど、そこのシャワー室でも同様の現象が起きてます。

もうほんとにしょうもないです。

 

丁寧にシャワるのは勝手だけど、人が待ってるときにはもうちょい気を遣って欲しいものです。

 

春休みの記録:電車旅~境線

こんばんは。

春休み中の電車旅の続きを書きたいと思います。

 

3/14(水)

米子~境港

この日は夜にサークルがあったのですが、さすがに電車で帰るのは怠そうでした。ちょうど米子には空港があったので、羽田までぶっ飛ぶことに。せいぜい1時間半のフライトなので、はからずもだいぶ空き時間が出来てしまいました。

とりあえず朝はゆっくり起き、海を軽く歩きました。

f:id:gifdog97:20180429215231j:plain

めっちゃ綺麗 また来たい

 

その後友人は実家が広島だったのでそのまま帰省。ここから数時間は一人旅です。

米子空港は、米子駅境港駅を結ぶ境線の駅ですが、この線は実はかなり短くて45分で完乗できてしまいます。ということで、時間もあったので境港駅まで行ってみることにしました。

 

f:id:gifdog97:20180429215555j:plain

f:id:gifdog97:20180429215559j:plain

境線です。ゲゲゲの鬼太郎猫娘がいっぱい。実は境港はゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんの出身地だそう。そういうこともあって、境線はひたすら鬼太郎推しでした。各駅に妖怪の紹介看板みたいのがあっておもしろかったです。

境線は主に学生がたくさん利用していました。三江線とは打って変わり、日常的な利用度がかなり高いように感じました。街並みは結構古いんですが、人口はそこそこな印象を受けました。

 

f:id:gifdog97:20180429220240j:plain

ほどよい田舎の空気を浴びつつ、終点の境港駅に到着。ちょうどお昼頃でした。当初は1時間くらいの滞在予定でしたが、飛行機が思ったより余裕だったので結局2時間ほど時間を潰すことに。

この駅の一番の見どころは「ゲゲゲの鬼太郎ロード」という、鬼太郎にちなんだ商店街的なものらしいのですが、あいにくこの日は工事中でした。。

とりあえずお腹が空いたので昼飯を食べにいきました。港町ということで、海鮮丼を食べました。

 

f:id:gifdog97:20180429220657j:plain

1500yen 学生には手痛い食費なんですが、正直値段以上にうまくてびっくりしました。そもそもネタの量結構ヤバいですよね。一つ一つのネタもかなり味がしっかりしてて美味でした。醤油もこだわっていて、相性抜群でした!これは食べて正解だった。

 

f:id:gifdog97:20180429221129j:plain 

そのあとは、島根県との境の海を横目に軽く散歩しました。釣りをしている人がそこそこ見受けられました。 島根の方は山がちになっていて綺麗でした。

 

このあとはおみやげの日本酒を買って米子空港駅へ行きました。写真はほとんど撮らなかったのですが、ところどころに鬼太郎関連の石像みたいのがあっておもしろかったです。たぶんもともとはただの港町だったんだと思うのですが、鬼太郎をプッシュすることで良い観光地になっているなと思いました。僕が行ったのが平日だったこともあり、このときはほとんど人がいなかったのですが、休日とかはもっと賑わっているのかな。

ただ、中四国ってもともと人口少ないだろうし、旅行で中四国行く人も少ないイメージがあるので、苦戦しているかもしれないですね。個人的には海も綺麗だし、飯もうまいし、かなり魅力があるなと思うのですが…。

そんなことを考えつつ、境線に乗り込み米子空港へ。

 

f:id:gifdog97:20180429221344j:plain

米子空港でも鬼太郎がお出迎え。冷静に考えてこのご時世、鬼太郎目当てで観光する人って限られてないか??という思いがしましたが、鬼太郎以外にも魅力的な部分は多いし気にしないことにします。

米子空港から羽田空港へぶっ飛び、かくして旅は終了しました。

 

旅の報告は以上です。今回もまたニッチな旅でしたが、やっぱりそんなに有名どころでなくてもかなり楽しめるな、というのが全体の感想です。僕自身もともとのどかな田舎とかが好きというのもあるのですが。。次に中四国に来るときは、出雲の方に行ってみたいですね。あと山口県とかまったくの未踏なので気になります。

 

今年の夏は電車旅してる時間と金があるかは分かりませんが、どっか行きたいなあと思っています。免許もとったし、車出すのもアリだなあ。