振動人生記録 by gifdog97

情報学,音楽,秘境,旅

強い人々の集団に属するということ

自分は今主に二つの集団を軸に活動している。学科(理学部情報科学科)とオケのサークルである。この二つの集団は、自分にとっては「強い人々の集団」である。

 

恐らく学科の外にももっと情報科学に強い人々はいるだろう。オケのサークルなどはなおさらで、プロのオケなどとは比べ物にならないはずである。しかし、「強い」とは相対的なものであって、自分にとってはどちらも「強い人々の集団」である。

 

なんだかんだ言っても東大だから、学科には本当に優秀な人が集まっている。(本人たちは妙に卑下しているのだが、それは恐らく彼ら自身にとってさらに強い人々が別に存在するという話であろう。)また、オケの方には長くしっかりとレッスンを受けているような人が一定数存在する。こういう人がそこそこの人数いるのは、クラシックならではな気がする。そんな彼らに自分は到底敵いそうもないと感じ、一種の絶望を覚えたりもする。

ところで自分は民族音楽愛好会というところでフォルクローレもやっているが、実をいうと学生のフォルクローレ経験者と接した中でこのような絶望を目にしたことは無い。もちろん上手な人はいるのだが、「これはもう自分の手には負えない」みたいな絶望感を感じさせるほどの人は知らない(もちろんプロの演奏家の皆さんはそうなのだが)。

 

この差の原因は恐らく単純で、どれだけ時間をかけてきたかによるのだろう。クラシックの楽器はそれこそ小さい頃から習わされて嫌でもうまくなったりはする。自分もピアノを10年以上やっていたが、さすがにまあまあ弾けていた(もう何も出来ないけど)。

情報科学はそこまで小さい頃というのは考えずらいが、元々頭の良い人たちであるから、数年早く興味を持って取り組み始めただけで相当な差が生まれるのではないかと思う。ぶっちゃけ憶測だけど、そんなに間違いではないと思う*1

フォルクはほとんどの人が大学スタートであるから、普通は実力に圧倒的な差が生まれたりはしない。(某中高出身者はやはり上手いが…。)

 

あまり絶望とかいうとめちゃくちゃ悪い感じがするのだが、決してそうではなくて、間違いなく良い刺激になっている。この世にはこのような人が存在するのか、凄いなという気持ちになって、彼らほどでなくても、自分もそれくらいを目指して頑張りたいというモチベにもなる。しかし、さりとて絶望、ぶっちゃけ辛いことの方がだいぶ多いのである。ちょっとやそっと頑張ったところで1ミリも近づきやしないし、自分の不甲斐なさにしんどい気持ちになったりする。

このような絶望を前にして自分はどうあるべきなのかということを真剣に考えさせられたりする。「自分が楽しいように出来れば良いのだ」というのが模範解答のような気がするが、自分はまだこれを解答と思えない。正直言ってまだまだ自分は不自由で、楽しいように出来ないのだ。これは今まできちんと時間をかけてオケや勉強に向き合ってこなかったツケであり、これから先多少なりとも苦しい思いをしてなんとかしなくてはならない部分だと思う。

 

なんだか苦しみの記事みたいになってしまったが、不自由でも憧れは常にあるし、ほんの少しでも自分に出来ることが増えたり、オケだったら人と合わせたりするのはやっぱり楽しいのである。だから続けていられるし、これから先凄く楽しみでもある。

当分は強い人々の中で自分が何を出来るのかということをぼんやりと考えつつ、真摯に時間をかけて取り組み、ちょっとずつでも憧れに近づくことを、苦しみながらも楽しんでいければたぶん良いんだと思う。

 

(ふわふわした記事であった)

 

*1:ちなみに別に昔からプログラミングとかやってたわけではないけど強い人もいて、それは単純にめちゃくちゃ頭が良いだけである。それはもうどうしようもないし完全なる絶望しか生まれない。

僕がオタクに憧れる理由

2週間ほど前、お昼の情報番組でいじめについて取り上げられていた。MCの方とゲストの芸能人とコメンテーターの人で議論するといったよくある構図だった。

この番組にコメンテーターとして出演していたいじめ問題に関する准教授の方が個人的に凄いと思ったので、そこで感じたことやいろいろ考えたことをメモしておく。

 

准教授や教授と言った立場にある人は、ある学問分野の「オタク」である、と言ったら語弊がありそうだが、大体そんなものではなかろうか。ここでの「オタク」は、ある分野に精通しているものを指す。

 

先の番組では、MCと芸能人の方が准教授の方のコメントに対し的外れな批判(お茶の間的な反応?)をしていた。

MCや芸能人の方が「いじめに気付けなかった先生は悪い」といった主張をするに対し、准教授の方は「いじめはもっと構造的な問題であり、先生が悪いと決めつけるのは誤りだ」といった主張をした。それに対しMCの方は「いじめで人が死んだのに、先生を擁護しているかのようでは?」といった不適切な反応。芸能人一同も似たような反応を示し、スタジオの空気が明らかに悪くなっていた。

 

その後も准教授の発言のあるたびにMCや芸能人一同が否定的な反応をし、明らかに場の雰囲気が悪くなっていった。

こんな状況にも関わらず、准教授の方は自身の研究・調査によって裏付けられた事実を淡々と述べていた。

これは、もしかしたら当たり前のことなのかもしれない。しかし、そこまで気の強そうな人にも見えなかった准教授の方が、場の空気に流されずきちんと自分の意見を主張しているシーンは、僕の目には物凄くカッコ良く映った。

 

なぜこれほどまでに自信を持って自らの意見を主張できるのか。それは、彼がいじめに関する専門家であり、その分野に真摯に長時間取り組んでいるからである。自分の主張が決して誤りではないと、骨の髄まで理解しているからである。

このような自信は生半可な勉強では身に付かない。世のオタクたちは、ある分野に真摯に長時間取り組み続け、そして技能を己のものにしていくわけである。

 

ここで自分や自分の周りの人々を顧みてみる。

自分はそこそこ難しいことをやる学科にいながら、サークルを2つ掛け持ちし楽器に打ち込もうとしている。これでは1つのことに時間をかけられず、どれも自信を持てない。例えばこれから情報科学を学ぶ人に何かを伝えようにも、僕からはあやふやな言葉しか出てこないだろう。あるいは、後輩にケーナやチェロの演奏の仕方を聞かれても、うまく答えることが出来ないだろう。

それに対し、昔からプログラミングに興味があった人たちは自信を持って議論をするし、長年楽器に取り組んでいた人たちも、やはり自分なりの演奏の仕方を確立していて、自信を持って演奏する。

そんな彼らでさえ「難しい、分からない」と言うことが沢山ある。これはきっと本心で言っているのであって、ものごとは思ったより深いことを実感する。そのたびに、自分は(情報科学にせよ楽器にせよ)未だ模索の段階のほんの入り口地点にしかおらず、自信を持って主張できることがほとんど無いのだなと感じる。

 

以前知り合いにこのことを打ち明けてみたところ、「いろんなことに手を出す人は一つのことしかやらないような人に羨まれていることに気が付かない」というふうに言われ、少しはっとしたが、もしかするとこれは「となりの芝生は青い」という話なのかもしれない。

しかし少なくとも自分では現状を少し後悔している。やはり自分はオタクに憧れているのかなあと思う。

 

かつて「(情報科学がんばるんなら)兼サーはしないでおけ」と助言してくれた友人からすれば、そら見たことか、という話かもしれないが、「実際に体験することで身をもってしんどさが分かったぞ」というささやかな反論をしておきたい(反論になっていないですね)。

ただ、この世には楽しいことが沢山あることを知れたのは、実は良かったのかもしれない。将来的にそうやって骨の髄まで感じられれば、僕は「『いろんなことに手を出す』オタク」だったことになるので万々歳である。

 

apple musicでアウトクトナが聴ける

先日apple musicに登録してみた。学生は月480円だし、3ヶ月間無料だし、登録して損は無いと思ったのだ。

結果的に大当たりで、オーディオファイルだから読み込みも速いし、曲数も豊富だ。驚いたのは自分がやっている南米の民族音楽(フォルクローレ)の楽曲もしっかり聴けること。ダウンロードもできるので練習のときに大助かりだ。(もちろんクラシックも聴けて、オーケストラサークルの方でやる曲もダウンロードできた。)

ただ、何らかの圧力が働いているのか、筋肉少女帯king crimsonといった超大御所の曲がほぼ聴けないという謎事案が発生していた。このあたりはappleさん頑張ってくれという感じ。

 

もっとも驚いたのは、南米の原住民の音楽「アウトクトナ」もばっちり聴けたことだ。これはフォルクローレの一種と言えるかもしれないが、自分たちがやっている「コンフント」と呼ばれる形式の音楽とはまた別物と捉えた方が良い。

(アウトクトナについては過去のエントリでも詳しく書いたし詳しい説明はこっちに丸投げします。)

gifdog97.hatenablog.com

 

うちのサークル、アウトクトナもやらないことはないんだけど、儀式的な要素が強くて元々ステージ上で人に聴かせる音楽というわけではないし、たぶん客受けがそんなに良くない。「これぞ民族音楽!」という感じの音楽なので客受けが無いというわけではないが、こういうのは一回聴いて「へーこういうのもあるんだ」となって終わるのが常である。やはりスペイン人の入植後に発達した「コンフント」の方が、欧州文化を根に持つこともあって客受けが良い、というのが自分の見解である。

 

という感じでただ思ったことをつらつら述べただけの記事でした。とりあえず「コンフント」と「アウトクトナ」とを一曲ずつ紹介して終わりにする。まあめんどくさいのでリンク貼るだけなんだけどね。

 

・「コンフント」形式。弦楽器が豊富に使われており、欧州文化を色濃く反映している。世界的にはこの形式が有名。

Jach'a Mallku - Quisiera Quererte Más


JACHA MALLKU - QUISIERA QUERERTE MAS

 

 

・「アウトクトナ」。原住民の音楽。土臭く、まさに民族という感じの響き。これがapple musicにあるのが面白い。


WARA - Mi Balsita (MAYA-1975)

 

 

兄とともに姉の家に来た & 旅の話

昨日書いた通り今日は旅行の予定が壊れたので兄とともに姉の家に来た。

姉は10個上で、既婚で1歳の娘がいる。自分にとっては姪で、とにかくかわいい。定期的に会いに行ってかわいい成分を摂取しないとやっていけないのである。


前回は全然懐いてくれなかったのだが、今回はなぜかすごく懐いてくれた。

最初は警戒気味だったけど、遊んでるうちに凄い笑ってくれるようになったし、幸せここに極まれりという感じだった。名前も覚えてもらえた(っぽい)。

それにしてもやんちゃな女の子で、物を要求されて渡すやいなやめっちゃ投げたり突き落としたりして大変だった。まあそれもかわいいので無敵である。


ひとしきり遊んで、姪も眠って落ち着いたところで、自分は兄と同じ部屋で寝ることになった。

実家にいた頃も毎日同じ部屋で寝ていて、ひたすらトークに興じるのが常だった。今日もまた久々のトークが始まった。

基本的に男同士ならではのクソくだらない話をするのだが、今回はもう少し実のある話もあった。


初めは生活リズムがぶっ壊れててしんどい話をした。生活リズムが壊れてるせいで明らかに馬鹿になってるとか、治さないとマジで馬鹿になる一方だみたいな話を聞いて、宇宙一共感していた。

会話が進むにつれ、兄は先月学会で海外に行っていたのだが、そこで友達とヨーロッパ旅行に行ったという話になった。ヨーロッパ旅行のときはめっちゃ動き回ってたのに朝きちんと起きてたなーという話の流れだった。(動き回って健全に生活した方が案外生活リズムも整うということなのだろう、と応答すると共感を得られた。うちの兄弟は考え方が結構似ていて、それだけ仲も良いっぽい。)

それから海外旅行の話になって、なにやら海外旅行を激しく推された。友達と海外旅行に行くのはマジで楽しいとひたすら言っていた。兄はそういうキャラではない(?)と思っていたのでかなり意外だった。


兄は結構興奮気味で、旅行中に撮った写真を見せてきた。実際見てみると、なるほどたしかにこれは日本にこもっていたのでは見られない景色だと思った。例えばヨーロッパ特有の伝統的な家。その一つ一つが低いので遠くまで美しい光景が広がる。他にも、ベラルーシ世界遺産や、ワルシャワの馬車が走る街道や、ウィーンの図書館の美しい内装や、巨大で精巧なステンドグラスの写真を見せてくれた。テレビなんかではなんとなく見たことがあった気がするが、自分の身内が実際に体験した話を聞くと、際立って生々しく、楽しそうに感じた。とにかく日本とは違う雰囲気、まさに旅行しているような気分に浸れるのが良いと強調していた。


自分も旅行はそこそこ好きだが、海外に行こうという気分にはなっていなかった。国内の秘境とか、あまり誰も行かなさそうな場所に行くのが好きなタイプで、海外旅行となるとザ・観光地的なところしか思いつかなかったのでどうも興味が湧かなかった。もちろん言語の壁もあっただろう。しかし、実際はその異国の雰囲気そのものが面白いのであって、それは国内のどんな秘境でも味わえないものなのだと、話を聞いているうちに気づいた。


それにしても兄がそんなアクティブな趣味を持っているとは思わなかった。自分は日頃楽器を練習して充実感を得ていたけど、兄は旅行を経て自分と同じかそれ以上の充実感を得ていると感じた。話を聞いていると自分も海外旅行に行ってみたくなった。かくして、ものの30分程度の会話を経て、今後の旅行先の候補として海外が視野に入ってきたわけである。

人と腹を割って話したのも久々だったが、他人との会話は自分の世界を広げてくれると改めて感じた時間だった。

台風許さん

昨日あたりから日常をつらつら書くタイプのブログをやり始めている。(たぶん飽きてすぐやらなくなるけど)

日常系のことを書くとなるとなぜかですます調じゃなくなることに気が付いた。いきなりブログの文体が変わって謎だけど中の人は変わってないので安心してほしい。

 

今日は妙に疲れたので(まあ睡眠足りなかっただけだけど)、帰宅してから一瞬で寝落ちしてしまった。それから目が覚めてグダグダした今に至るという感じ。

本当であれば明日から旅行の予定で、準備に追われていたはずなのだが、台風で中止にせざるを得なかった。許さん

 

旅行は静岡に行く予定だった。兄と二人で大井川鐡道を巡る予定だった。

大井川鐡道は静岡の山奥を走る電車で、アプト式と呼ばれる登山列車やSLが走っていることで有名。

尾盛や奥大井湖上といった秘境駅も見どころだし、温泉地も点在している。

さらに今回は山奥のキャンプ場を予約していて、先日購入したテントやシュラフの初舞台となるはずだった。BBQでもしながら星空を見るはずだった。

 

しかし運命とは残酷なもので、台風がちょうどこの時期にぶち当たってきた。しかも、ネットで検索すると†今年最強クラスの台風†だそうだ。これではキャンプなどできないし星も見えないだろうしそもそも電車が動くかよく分からない。やむなく旅行をキャンセルした。辛い

おかげで明日(というか今日)から2日間ぽっかりと予定が空いてしまったのだが、考えてもみればここ最近はずっと毎日何かしらあって疲れていたので、せっかくだし明日はぼーっとしようかなと思う。夜は姉の家に行って姪を崇める予定。

 

気づいたらドラえもんの誕生日だし、夏休みが過ぎるのは本当に早い。旅行がまるまる一個消えて悲しみに暮れているけど、焦ってもしかたないしぼちぼち過ごそうかなあという気分になっている。

昔から劇とかで役を演じるのが好きだった。

小中学校時代は、なんかのイベントで学年なりクラスなりで劇をやらされたものだった。
中共に公立だったし不真面目な人も沢山いたけど、劇は案外みんなやる気があったような気がする。

あれは確か中3のときにやった劇だった。自分は毎度のごとく熱演をし、先生にも褒められていたし友達にもウケていた。
ぶっちゃけ調子に乗っていた。

この劇のワンシーンで、自分が縁日の屋台でわたあめを売るシーンがあった。
もちろん本物のわたあめではなく割り箸にわたを巻きつけたものを使う。
練習のときはただひたすらわたあめを売るおっさんをやっていたのだが、調子をこいていた自分は本番で奇行に走ってしまった。
作り物のわたあめをステージ上で食べたのである。

そもそもわたあめ売ってるおっさんがわたあめを食べること自体がおかしいし、本物のわただから食べられない。完全にやらかしである。そんな菓子はいらない。
おまけにこのあと一つセリフが残っていた。自分は口に残ったわたを気にしながら大きな声を出す羽目になってしまった。

あのときなぜあんな行動をとったのか分からない。
しかし、こんな出来事を急に思い出すことも不思議な話である。

少し暑いステージ上。口の中でもしゃもしゃと動くわたの感覚と、一緒に演技していた人の「お前なにしとるん??」みたいなきょとん顔が今も鮮明に思い出される。

夏休みがきた

こんばんは.

 

タイトルの通り,僕の中でようやく夏休みが到来です.

思えば長い3年Sセメスターだった…渦中にいた頃はもう夏休みなんてあり得ないんじゃないかというくらい絶望していたので嬉しいですね.

まあ夏休みが来たところでやるべきことはまあまああるわけですが.「面倒だけどやらないとダメ」的なことが無くなったという感じ.

 

とりあえず3Sの単位は全て取得できました.なんか可が2つくらい付いてしまっていてげんなりしましたが,不可が無かっただけ儲け物だと考えたいです.

3Sの期間は真面目に勉強するぞ!とか言ってた気がするのですが,それも割と最初だけで,5月くらいからはバイトとサークルが普通に忙しくなって勉強をサボり倒し,ちょっと暇が出来ても惰性でサボり倒し,7月は溜まった課題・演習・テスト対策で圧死していました.

7月とて惰性でサボり倒していたので,なぜフル単できたのかよく分かりませんが,一番の要因は優秀な同期たちがいろいろ助けてくれたことだったと思います.感謝.

 

それにしてもテスト期間はかなり絶望していました.誇張抜きでほぼ毎日「マジで単位が落ちる^~」と思ってたのですが,原因はやはりセメスター通して全然勉強していなかったことだと思います.

これは本当に良くなくて,テストは乗り切っても結局何も身に付いていない気がします.

興味があまり沸かず勉強をサボるわけなんですが,勉強してないので興味が沸くはずも無く完全に悪循環でした.いざテスト期間に勉強してみると結構面白かったりしてめっちゃ後悔しました(まあいつものことなんだけど).

さすがにAセメスターはもうちょっと意欲的に取り組んでみたいです.

 

で,根本的にどうしてそんなに勉強できていなかったのか考えてみると,やはり睡眠のせいです.

1日15時間とかザラに睡眠してしまって,丸一日何もしないみたいな日が結構ありました.

勉強をする時間が消えることはもちろん,精神も死ぬので本当に良いことがありません.6月7月はずっと寝ていて精神が死んでいた気がします.

このクソ睡眠が実は大学2年あたりから癖になっていて,慢性的に頭がまともに働いていない感じがしています.さすがになんとかする必要があるので,この夏休みは「生活習慣を整える」ことを目標にしたいです.次元が低すぎて面白いですね.

(自分の中で「欲望に忠実に生きるのが美徳」みたいな考えがあったんですけど,これはおそらく怠けを正当化しに行っているだけっぽいのでさっさと矯正したいです.とか言ってこんな時間まで起きているわけですが)

 

あと,テストと課題が終わったあともバイトがめっちゃ忙しかったり,合宿が立て続けにあったり,サークルの方で某企画の締め切りがあったりしてしばらくはウカウカできませんでした.

これらがある程度落ち着いたのが昨日で,今日は結構時間があったのでいろいろやりたいことがあったのですが,5時間昼寝して全ておじゃんになりました.人生うまくいかないなあ.

多分今すぐ寝れば明日とかはまともに生活できる気がするので,明日から「生活習慣を整える」という目標の達成に向け尽力していきたいと思います.あとは基本的に楽器の練習をして合間に勉強も出来たら良いなあ.

旅行も少し行く予定があるので,その都度報告予定です.

 

それでは.