振動人生記録 by gifdog97

情報学,音楽,秘境,旅

春休みの記録:電車旅~三江線

お久しぶりです.

日々学科の勉強に忙殺されていて,書こうと思ったことが全然書けずにいました.

春休み中の大きなイベントとして,前回の記事で書いた免許合宿に加え,先月末で廃止になった三江線の旅があるので,そのことについて書きたいと思います.

 

三江線広島県の三次(みよし)駅と島根県の江津(ごうつ)駅を結ぶローカル線でした.先月末いっぱいで全線(!)廃止になるということで,これはいかねばならぬと思い無理やり計画して行きました.3/12~3/14の二泊三日の旅で,友達と二人で行きました.ざっと振り返ってみたいと思います.

 

3/12(月)

東京~岡山~高松

3/11の22時に寝台列車サンライズ出雲に乗り込み,翌朝6時半に岡山駅に到着.その後アクアライナーで瀬戸大橋を渡り高松へ行きました(本当はサンライズ瀬戸で一気に高松まで行きたかったけど,あいにく席が埋まっていた).サンライズではノビノビ座席というのを利用したのですが,僕には合わず一睡もできずに岡山に到着.おまけに体調も優れなかったので厳しかったです.

f:id:gifdog97:20180426231526j:plain

ノビノビ座席の様子.あんまちゃんと撮ってなかったけど,寝っ転がれるくらいのスペースがあります.床はカーペットになっていて,まあまあ暖かいけど自明に硬い.眠れる人は眠れるんだろうなあって感じでした.安いから文句は無いです.

 

f:id:gifdog97:20180426232256j:plain

高松駅に着いてからはとりあえずうどんを食べました.バカ一代といううどん屋で釜バターうどんというのを食べたのですが,これが「「「うどん」」」か…という味でした.口の中で生き物のようにぷるぷる動くというか,本当に舌ざわりが半端なかったです.そのあとは音ゲーの行脚をしました.

 

高松~岡山~倉敷

本当はもっと四国を巡りたかったのですが,時間が無かったので岡山にもどり,音ゲーの行脚をしました(音ゲーの行脚しかしてない?まさか!!).岡山駅のイオンデカすぎワロタとか言いつつ,山陽本線で倉敷へ行ってうろちょろしました.この時点で15時くらいになっていたのですが,なぜかこの日の昼飯の記憶がありません.食べたのでしょうか.

f:id:gifdog97:20180426232447j:plain

なぜか倉敷駅の滞在時間があまりなかったので,申し訳程度に駅前の広場をパシャリ.なかなか面白いです.時間によっては時計のとこで人形劇?みたいなことをやるらしいのですが,時間が合わず断念.見たかった.

 

倉敷~三次

怒涛の移動です.伯備線で府中まで行き,それから福塩線に乗り換え三次まで行きました.普通に3時間以上かかったので,夜眠れなかった僕はローカル線に揺られぐーぐー寝ていました.この時間は結構好きです.ただ,福塩線はなかなか刺激的で結構起きていました.

f:id:gifdog97:20180426232857j:plain

f:id:gifdog97:20180426232906j:plain

福塩線の車窓.大変良い雰囲気でした.

三次駅に着いたのが19時前.翌朝めっちゃ早かったので,弁当を食って早寝しました.

 

3/13(火)

三次~口羽~宇都井

この日は三江線完乗デーでした.5:38の始発でしたが,かなりの人がいました.やはり廃止となると同類が集まってきます.

初めのうちはあたりが真っ暗で何も見えなかったです.6:30くらいにまわりがはっきり見えて,ここで口羽駅で30分ほどの停車時間がありました.車外に出てみると,地元の人が三江線グッズを販売していました.手ぬぐいとガイドブックを購入.

f:id:gifdog97:20180426233644j:plain

少し歩くと 三江線全通記念碑 がありました.時の流れを感じました.

 

口羽駅を出て,7:12に宇都井(うづい)駅に到着.こちらは三江線の中でも人気の駅でした.駅が二つの山に囲まれた形になっていて,トンネルが山の高い位置にあるため,駅自体も高い位置にあるという珍しい構造.周囲の雰囲気も相まって人気駅となったのです.

 

f:id:gifdog97:20180426233950j:plain

宇都井駅.てっぺんが駅のホームになっています.当然エレベーターなど無いので,116段の階段を上り下りするしかありません.

 

f:id:gifdog97:20180426234151j:plain

ホームからトンネルを覗く.秘境感たっぷり.

 

f:id:gifdog97:20180426234245j:plain

ホームから見た集落の景色.高い.

地元のおじさんとお話したところ,沿線の人々が三次駅にどんどん移り住んでしまった影響で三江線の利用者が減っているのが廃止の原因の一つとのこと.三江線江の川という川沿いに走っているのですが,この川がしょっちゅう荒れるそうで,沿線の人々は生活に苦労していたとのこと.そこで三次駅が栄えてきたらしく,人の流出が避けられなかったみたいです.沿線に残ったのはお年寄りばかりで,車の運転もそう長くは続けていけないし,生活が大変になるのではないか,と思いました.我らが地元北海道でも似たようなことが起こりまくっているし,難しい問題だなと思います.

 

宇都井~長谷~船佐~石見川本

宇都井駅を出て,三次駅の電車に乗って長谷駅へ.こちらもいわゆる秘境駅.まわりには家がほぼありません.

f:id:gifdog97:20180426235526j:plain

前景.この駅はまるで電車が来ず,滞在しても虚無なので,隣の船佐駅まで歩きました.しかし良い天気ですね.

 

f:id:gifdog97:20180426235712j:plain

三江線は道路より高い位置を走っているのですが,線路まで上がれる階段みたいなものが随所にあったので,こんな写真も撮ったりしました.のどかです.

 

f:id:gifdog97:20180426235935j:plain

江の川とともに.本当にきれいな川でした.

 

船佐駅(写真撮り忘れた)から江津方面の電車に乗り,石見川本駅へ.ここで1時間とか時間があったので昼飯にオムライス(写真撮り忘れた)を食べました.

石見川本駅は田舎の中にある栄えた町,って感じの場所で良い雰囲気でした.永久に散歩していたくなるようなのどかな日でした.

 

石見川本~江津~米子

石見川本駅を出発し,1時間半ほど三江線に揺られ,江津駅に到着.この間爆睡してしまいましたが,無事に三江線を完乗しました!江津駅は海のすぐそこなので,江の川もかなり幅が広くなっていました.それを見ると,あ~~~~完乗したんやな~~~~~という気分になりました.

江津駅からは特急おきで鳥取県米子駅まで一気に行きました.これまでのローカルなゆっくりとは打って変わり,海沿いを爆走.最高に気持ちよかったです(が,眠かったのでまあまあ寝ていた).

 

18時ごろに米子の皆生温泉に到着.皆生は海のすぐそこの温泉地で,海の景色を見ながら露天風呂に入れるという神スポットです.ここで2日間の疲れを一気に癒しました.

f:id:gifdog97:20180427001043j:plain

部屋からの景色.最高か.夜潮風を浴びながら金麦を飲んだ.perfection.

 

そんなこんなで2日目まで終了しました.これでひとまず三江線完乗という目標は果たしたわけですが,3日目もまたなかなか楽しかったです.時間もあれなので今回はこれくらいにして,またの機会に投稿します.